【黒い砂漠モバイル】闇の精霊モードの方法と仕様っぽいことまとめ

黒い砂漠MOBILE

闇の精霊モードの方法はもちろん、どのように動作しているか?メンテナンス中も動作する?など仕様についても解説しています。

スポンサーリンク

闇の精霊モードとは?

闇の精霊モードはアプリを完全に終了しても狩りを行ってくれる機能です。

もちろん狩りだけではなく採集や釣りも行ってくれますが、採集の場合は当然行動力が必要になってきますし、釣りの場合は通常の放置と違って経験値は獲得できないことに注意してください。

闇の精霊モードを行うには、闇の精霊のレベルが40になっている必要があります。

条件さえ満たしていれば、節電モードから闇の精霊モードを選択するだけで簡単に利用することが可能です。

闇の精霊モードの仕様

実体がない

闇の精霊モードを行っている間は実体がないようです。

どういうことかというと、普通の狩りのように実際にフィールドでモンスターを倒していないということです。

他のプレイヤーから見ればログアウト状態で、マップにもキャラクターは存在していません。

エリアの推奨戦闘力と自分の戦闘力を内部で特別な処理をして、次回ログイン時にアイテムを獲得するという感じの仕組みのようです。

開始する場所は関係ない

実体がないので開始する場所も関係ありません。

「ここはモンスターが密集しているし、ここから始めよう!」なんて思いがちですが、そういったことは一切不要です。

試しにモンスターのいないワープポイント付近で闇の精霊モードを行ってみてください。

モンスター密集地で闇の精霊モードを行った場合と同じ結果が得られると思います。

装備しているスキルは関係ない

セットしているスキルも関係ないようです。

スキルを何もセットしていない状態と、いつも使っているスキルセットとの時給を比べてみましたが、違いはありませんでした。

恐らくですが、戦闘力のみを参照しているのかもしれません。

メンテナンス中も可能

メンテナンス中に闇の精霊モードを行うことも可能でした。

もちろんメンテナンスが始まってからは闇の精霊モードに移行できませんが、サーバーが閉まる前に闇の精霊モードに移行しておくことで、しっかりと時間分の報酬を獲得していました。

メンテナンスは結構長いことが多いので、闇の精霊plusなどを利用して長時間放置を可能なようにしておきたいですね。

コメント