【黒い砂漠モバイル】ナマズマン、ルツム、マンシャの戦利品時給検証

黒い砂漠MOBILE

この3つのエリア辺りで戦闘力が停滞するプレイヤーは多いのでないでしょうか?このページでは、それぞれのエリアの戦利品に焦点を当て、どこが一番稼げるのかを検証していきます。

スポンサーリンク

戦利品の価格と重量一覧

名前重量価格
ナマズマンの鱗1.5266
ルツム族のイヤリング1.7288
マンシャ族仮面1.71229

明らかにマンシャ族仮面の売却価格が低いですが、これはモンスターの湧き密度が高ければ高いほど売却価格を低く設定しているためだと思います。(価格と重量が比例していないのは謎)

一番の高値で売却できるルツム族の湧き密度は、やはりマンシャ族に大きく劣ります。

果たして湧き密度か販売価格か、戦利品の時給では3つのエリアの中でどこが一番稼げるのか実際に検証してみました。

実際に1時間狩りをした獲得量

狩りをしたのはレベル55、戦闘力2180のウィッチで、節電モード放置です。

ナマズマン

狩りをした場所

個人的に推しポイントである、カイア渡し場のここで狩りをしました。

獲得した戦利品数

  • 獲得数 - 377個
  • 総重量 - 565.5LT
  • 総価格 - 100,282シルバー

ルツム族

狩りをした場所

比較的に密集しているポイントだと思ったのですが、箱などの破壊可能なオブジェクトが多くイマイチの場所だったかもしれません。

また、左右の群れの距離が割と離れているので、自動では左右どちらか片方でしか狩りをしませんでした。

獲得した戦利品数

  • 獲得数 - 263個
  • 総重量 - 447.1LT
  • 総価格 - 76,896シルバー

獲得数が明らかに少ないので、場所を変えて再検証してみようと思います。

狩りをした場所 テイク2

箱などの破壊可能な無駄なオブジェクトは一切ない場所を選びました。

獲得した戦利品数 テイク2

  • 獲得数 - 329個
  • 総重量 - 559.3LT
  • 総価格 - 94,752シルバー

これくらいの数が妥当だと思います。狩るポイントは大事ですね。

マンシャ族

狩りをした場所

ここは「乱暴」持ちが固定湧きする、マンシャで狩りをするなら絶対にオススメしたいポイントです。

しかし、乱暴持ちの処理に少し時間がかかるせいか、今回の検証には向かない狩場だったかもしれません。(ナマズ、ルツム共に乱暴が固定湧きする場所ではなかったので)

獲得した戦利品数

  • 獲得量 - 337個
  • 総重量 - 576.27LT
  • 総価格 - 77,173シルバー

マンシャの湧きを考えればもっと獲得出来ると思ったのですが、やはり乱暴持ちのせいかそうでもありませんでした。

狩りをした場所 テイク2

自分のアイコンに隠れてしまって見えにくいかもしれませんが、ここは障害物が一切なく湧きもいいポイントです

獲得した戦利品数 テイク2

  • 獲得数 - 394個
  • 総重量 - 673.74LT
  • 総価格 - 90,226シルバー

やはり乱暴持ちがいない分だけ獲得数が伸びたようです。

まとめ

名前総数総重量総価格
ナマズマンの鱗377565.5100,282
ルツム族のイヤリング329559.394,752
マンシャ族仮面394673.7490,226

テイク2を行った検証では高い方を抽出しています。

もっと差が出るかと思って検証したのですが、なんだかどこでも良い感じの似たような結果になってしまいました。

しかし、獲得数が多ければ多いほどモンスターを倒したことになり、伝説や紫教本などの他のドロップも期待できるので、当初から湧きが良いと言っていたマンシャ族がオススメなのかなと思います。

ただ、重量にはそこそこの差があるので、気になる場合はナマズマンをチョイスするといった感じで狩りをするのがいいかもしれません。

コメント