【黒い砂漠モバイル】釣りの方法と釣った魚の販売方法

黒い砂漠MOBILE

好きな人は大好きなコンテンツである釣り。この記事では釣りの方法と釣った魚の売り方を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

釣りの方法

釣りの方法は簡単です。

適当な水辺に行くと自動で釣り竿を装備するので、右下の釣り竿アイコンをタップすると釣りが始まります。

ちなみに、釣り竿とエサは必要ないので、レベル1からでもすぐに釣りを始めることが可能です。

釣りが始まると、釣り竿のアイコンが魚のアイコンに変わります。

魚が掛かるのを待っている状態なので暫く待機しましょう。

アイコンが浮きに変わると魚が掛かった合図なのでタップしましょう。

釣りのミニゲームが始まります。

時間切れになる前に、動いている丸いアイコンが緑のエリアに入ったタイミングで、右下のアイコンをタップしてください。

今回はヒトデを釣ることに成功しました。

なお、レベル1からでも釣りを自動ですることが可能です。詳しく知りたい場合は以下の記事に説明しているのでご覧ください。

【黒い砂漠モバイル】自動狩り・釣り、闇の精霊放置のやり方まとめ
ソーシャルゲームにおいて欠かせない、ゲームを手軽に楽しむ方法であるオート要素。黒い砂漠MOBILEでは狩りや採集などをオートで行ってくれたり、アプリを完全にシャットダウンしてもオートを行える闇の精霊モードというものが存在します。 この...

釣れる場所

釣りは全てのエリアで可能というわけではなく、「釣り可能地域」と書かれているエリアでのみ釣りをすることができるようになっています。

水辺に行っても釣りが出来ない場合は、マップを開いて確認してみましょう。

村や街などマップの詳細を見れないエリアでは、ミニマップから釣りアイコンの有無を確認することができます。

ベリアでは釣りが可能でした。

魚の売り方

釣った魚は魚商人に納品することが出来ます。

魚と貨幣?のようなアイコンをしたNPCが魚商人です。

ここで注意して欲しいのが、釣った魚を全て売却できるわけではないということです。

一定時間毎に納品できる上限が決まっていることに注意してください。

どうしても魚を売りたい場合は行動力を使用してリストを更新できますが、割に合わない行動力を要求されると思うのであまりおすすめ出来ません。

余った魚の利用方法

魚が売れなくて余ってしまった場合は、食糧貯蔵をすることで魚を領民の食糧に変換することができます。

白レアリティのハゼは1匹あたり10食糧というあまりおいしくない変換効率ですが、魚は1匹あたり重量3と結構重いので食糧にしておくのがいいかもしれません。

なんだか勿体無い気がするという方は、領地の倉庫に魚ごと保管するという手もあります。

コメント