【黒い砂漠モバイル】自動狩り・釣り、闇の精霊放置のやり方まとめ

黒い砂漠MOBILE

ソーシャルゲームにおいて欠かせない、ゲームを手軽に楽しむ方法であるオート要素。黒い砂漠MOBILEでは狩りや採集などをオートで行ってくれたり、アプリを完全にシャットダウンしてもオートを行える闇の精霊モードというものが存在します。

この記事ではそんなオート要素について詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

レベル1から可能なオート狩り放置

ゲームを始めてすぐに利用できる最も基本的なオート狩り要素です。ポーションも自動で使用してくれるので、ポーションが尽きキャラクターが死亡するまで狩り続けてくれます。

モンスターからドロップした宝箱を拾うにはペットが必要になるので注意してください。また、重量が一杯になってもオート狩りは継続されますが、アイテムを拾わなくなるので適度に不要なアイテムは売却しにいきましょう。

場所にもよりますが、殆ど何も所持していない状態だと4、5時間ほどはアイテムを拾いながら狩り続けてくれると思います。

ペットの満腹度にも注意が必要です。0%になるとアイテムを一切拾わなくなるので、ご飯はしっかりと与えてください。とは言っても4、5時間以上は余裕でもつと思うので、そこまで神経質になる必要はないと思います。

ペットのご飯は適当な街にいる(どの街にもいます)牛アイコンの商人が販売しています。

レベル1から可能なオート釣り放置

意外に知られていませんが、実は釣りもレベル1からオートで行うことが出来ます。

まずは釣りが可能な水辺に行き普通に釣りを始めます。この画像ではゲーム開始地点のすぐ近くの浜辺で釣りをしています。

暫くすると魚が食いつき、浮きのアイコンに変わりますが浮きのアイコンには触れずに放置してください。それからおよそ3分くらい経過すると自動で魚を釣り上げてくれます。

要するに釣りを始めて自分で釣り上げようとしなければ、時間効率は落ちるものの3分かけて自動で釣り上げてくれるということです。また、1匹釣り終えれば自動で糸も垂らしてくれます。

ちなみに、メニューを弄ったりチャットをしたりしても、自分から釣りをやめない限りオート釣り放置は継続されるので安心してください。

闇の精霊レベル60から可能なオート採集放置

こちらはプレイヤーレベルではなく、闇の精霊レベル60から可能になる放置要素です。オート狩りボタンの横に表示されているボタンがオート採集のボタンになります。

手のボタンをタップするとすべての素材を採集しにいくのですが、そのボタンを上にスワイプすると採集する素材を限定することが可能です。

もちろん通常の採集と同じく行動力は消費されるので注意してください。

もう一つオート採集放置で注意して欲しいのが、入り組んだ地形で行うとオブジェクトに引っかかり動かなくなるということが割と頻繁に発生します。

この画像のエリアのようにある程度開けた場所で行うことをおすすめします。なお、採取できる素材はどのエリアでも違いはないと私は感じました。

ちなみにこのエリアはベリア農業地帯になります。

闇の精霊レベル40から利用可能な闇の精霊モード

闇の精霊モードでは今まで紹介してきたオート放置を、アプリを完全に終了させて行うことが可能になっています。黒い砂漠MOBILEをタスクキルしても問題ありません。

闇の精霊放置の方法については少し特殊なので詳しく解説していきます。

闇の精霊モードのやり方

例えばオート狩りを闇の精霊モードにしたければ、まずはオート狩り状態にしてください。

メニューを開き、節電モードを選択してください。

そして闇の精霊モードを選択します。

確認を選択すると「5秒後に黒い砂漠MOBILEを終了します」というアナウンスと共に、黒い砂漠MOBILEが終了し闇の精霊モードに移行します。

闇の精霊モードで採集や釣りを行いたい場合は、行いたい要素でオート状態にしてから節電モードに移行してください。

コメント